Koyukai concert vol.9

RESCHEDULED

BENJAMIN BRITTEN

WAR REQUIEM

“My subject is War, and the pity of War.
The Poetry is in the pity…
All a poet can do today is warn.”
Wilfred Owen

第9回耕友会コンサート中止・振替公演実施のお知らせ

 2020年3月7日(土)に予定しておりました、第9回耕友会コンサート「戦争レクイエム」につきまして、度重なる協議の結果、公演を中止し、振替公演を実施させていただくこととなりました。振替日程は2020年8月3日(月)を予定しております。
 日本中、世界中が混乱するこの状況の中でのコンサート開催が叶わぬこととなりましたが、反戦の意思を込めて生み出されたこの作品を8月に移し開催する運びとなったのも、ひとつの導きと前向きに捉えコンサートに向けて改めて準備を整えてまいります。

 皆様心休まらぬ日々をお過ごしのことと存じます。8月の時期には、落ち着いた日常の中でのコンサートを開催ができることを私達も願っております。夏の暑い時期の平日開催となりますが、多くの方にご来場いただけますと幸いです。

東京合唱アライアンス”耕友会” 一同

耕友会コンサート延期にあたって

 耕友会が総力をあげて取り組んできた大プロジェクト、『戦争レクイエム』は、コロナウイルスに屈した形で、延期せざるを得なくなってしまいました。

 莫大なお金をかけ、膨大な時間を費やし、厳しい練習を積んで来た耕友会のメンバーと、今回の演奏会に対する耕友会の理念に賛同し、合唱のクオリティをリスペクトしてくださった上で、非常にエモーショナルかつ技術的にも最高水準の演奏で応えてくれた横浜シンフォニエッタおよびソリストの皆さんにとって、非常に残念で悔しい決断をしなければならなくなってしまいました。
 特に、小学3年生から高校生までの児童合唱のメンバーは、この難曲を歌いこなすために、この数ヶ月大変な努力を重ねて来ました。しかし、2月27日に発表された、安倍首相による『全国の小中高校に対する休校要請』により、児童合唱団を出演させるわけにはいかなくなったのです。

 アマチュアの団体がこれほど大きな演目を開催することは、特に金銭的な部分で容易ではありません。この演奏会を実現すべく、我々耕友会は、これまでに様々な助成金に応募して参りました。しかし残念ながら、どの助成金も下りず、すべて自分たちでお金を出し合っています。この状況で、中止、および延期するということは本当に厳しい選択であり、耕友会の内部でも連日連夜話し合いを重ねてまいりました。中止、および延期となると、更に予算が膨らむからです。不可能に近いのではないかと思われたからです。

 しかし、どうしてもこの曲を演奏したい、理念を貫き通したいという、合唱歌手達の情熱により、私は延期に合意しました。そして、耕友会は、オーケストラ、ソリスト、そして会場である東京芸術劇場と協議を重ね、新しい公演日を8月3日としました。この日に会場が空いていたこと(この演目を演奏可能な規模のホールは、大抵来年の夏頃まで空きがないのが普通です)は、本当に奇跡的でありました。この日は月曜日ですが夏休み期間中で、児童合唱のメンバーも、混声合唱のメンバーの中の大学生も出演が可能なのです。
 また、この日は広島、長崎の原爆記念日がある週の冒頭にあたっており、戦争反対を叫び、世界平和を祈るコンサートを開催するに最適の日程であると思います。

 3月7日のコンサートを楽しみにされていた方々には、大変申し訳ございませんでした。開催が延期になりましたことを、耕友会の芸術総監督として深くお詫び申し上げるとともに、8月3日には是非、池袋の東京芸術劇場に足をお運びいただきますよう、心よりお願い申し上げる次第です。

 理念は屈せず。
 我々は、平和を叫び続けます。 

2020年3月2日
東京合唱アライアンス 耕友会
芸術総監督
松下 耕

詳細については以下のリンクより耕友会公式webサイトのリリースをご確認ください。

更新情報

  • 2020/03/02 振替公演実施にあたりサイトをリニューアルしました。

中止:2020年3月7日(土)

振替:2020年8月3日(月)予定

東京芸術劇場 コンサートホール

第9回 耕友会コンサート

演奏曲

戦争レクイエム

(作曲 ベンジャミン・ブリテン)

合唱:The Metropolitan Chorus of Tokyo
   拉縴人青年合唱團 Taipei Youth Choir

オーケストラ:横浜シンフォニエッタ

ソプラノ: 腰越満美
テノール: 村上敏明
バリトン: カルロ・カン

 指揮:松下 耕

児童合唱指揮: 梶山絵美
児童合唱: みなみ野キッズシンガーズ
     佐倉ジュニア合唱団(指導:戸谷 登貴子)
オルガン: 中田恵子
ピアノ: 前田 勝則

2月23日(日)リハーサル動画 抜粋

Requiem aeternam
Dies irae
Offertorium
Sanctus
Libera me

松下耕×The Metropolitan Chorus of Tokyo演奏動画

一般社団法人 横浜シンフォニエッタ

1998 年 TOMATO フィルハーモニー管弦楽団として東京藝術大学学内にて創立。後に横浜シンフォニエッタヘと改称、音楽監督に山田和樹を擁し、横浜に活動拠点を置くオーケストラとして国内外で演奏活動を展開している。
2013 年フランス・ナントのラ・フォル・ジュルネ音楽祭へ日本の楽団として初めて招聘され、2015年韓国(統営・国際音楽祭)、2017 年ロシア(モスクワ・ロストロポーヴィチ国際音楽祭)と海外の著名な音楽祭にて公演を重ねる。CD リリースも多数、題名のない音楽会等に出演し、世界の最先端を行くイノベーション・オーケストラとして注目を集める。2013 年にはその功績を高く評価され横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。2014 年 2 月のサントリーホール公演にて皇后陛下に
御臨席を賜る。
オフィシャルサイト www.yokohama-sinfonietta.com

koshigoe-min

ソプラノ: 腰越満美

 

東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース、二期会オペラスタジオ、文化庁オペラ研修所修了。文化庁芸術家在外派遣研修員としてイタリアに留学。第3回日本声楽コンクール入選。95年フェッルッチョ・タリアヴィーニ国際コンクール第1位受賞。オペラでは97年新国立劇場オープニング記念オペラ『建・TAKERU』夏乃役、99年『天守物語』萩役をはじめ、02年二期会・新国立劇場共催公演『忠臣蔵』綾衣役、二期会『蝶々夫人』(栗山昌良演出)タイトル・ロール、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィーラ、『フィガロの結婚』伯爵夫人、新国立劇場『鹿鳴館』影山伯爵夫人朝子役、『夕鶴』つう役、『夜叉ケ池』(創作委嘱作品・世界初演)白雪役、日生劇場『ルサルカ』外国の公女などに出演し常に高い評価を得ている。海外では『愛の妙薬』アディーナ、『アンドレア・シェニエ』マッダレーナなどイタリア、オーストリアの各地で活躍するほか、コスタリカ国立交響楽団オペラ公演『蝶々夫人』タイトル・ロールで招聘され熱狂的な成功を収め地元各紙から絶賛された。近年はベトナム国立交響楽団に招聘され橋本国彦作品を披露するなど益々活動の幅を広げている。NHK「日本うた絵巻」、NHK「ニューイヤーオペラコンサート」、テレビ朝日「題名のない音楽会」などテレビやラジオにも数多く出演し多彩な才能を発揮してファンを魅了している。桐朋学園大学准教授、尚美学園大学非常勤講師。二期会会員

murakami-min

テノール: 村上敏明

国立音楽大学声楽学科卒業。文化庁在外研修員として、2001年よりイタリア・ボローニャへ2年間留学。その後、2007年までイタリアに在住。イタリアオペラを中心に50役を超える幅広いレパートリーを有し、国際的に活躍を続けている。2002年に、オルヴィエートのマンチネッリ劇場にて「リゴレット」マントヴァ公爵でヨーロッパデビュー。藤原歌劇団では、「椿姫」アルフレード・「ラ・ボエーム」ロドルフォ、「ルチア」エドガルド・「仮面舞踏会」リッカルド等、新国立劇場では、「椿姫」アルフレード・「蝶々夫人」ピンカートン・「愛の妙
薬」ネモリーノ・「黒船」領事ハリス・「修禅寺物語」頼家等に主演し、常に最大級の賛辞を受けている。第9回マダムバタフライ世界コンクール優勝のほか、15の国際声楽コンクールで優勝または上位入賞。2012年から、9年連続でNHKニューイヤーオペラコンサートに出演。
今後も、2020年2月・藤原歌劇団「リゴレット」マントヴァ公爵、4月・新国立劇場「ホフマン物語」ナタナエル(ホフマン役カヴァー)等、大舞台での出演が多数予定されている他、年間100公演を超えるステージで活躍している。平成16年度五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。藤原歌劇団団員。人気実力ともに、日本を代表するテノール歌手として、活躍の幅を広げている。

CarloKang-min

バリトン: カルロ・カン

韓国ソウル出身。キュンヒ大学卒業。イタリア・ミラノ国立ヴェルディ音楽院修了。1999年ヴェルディ-優勝、2000年RAI主催マリア・カラス-優勝、ビルバオ-優勝、2001年OPERARIAプラシド・ドミンゴ-第2位、2002年ジャコモ・アラガル-優勝、ドレスデン-第3位等、数多くの国際声楽コンクールで優勝・入賞を果たす。パルマ王立劇場で「イル・トロヴァトーレ」ルーナ伯爵を歌いオペラデビュー。その後も、カターニャ、ジェノヴァ、トリエステ、アレーナ・ディ・ヴェローナ等のイタリアの大劇場や、ブエノスアイレス・テアトロ・コロン、カイロ、リンツ、フランクフルト等世界中の歌劇場で、常に主役として活躍している。とりわけ「リゴレット」「椿姫」「ドン・カルロ」「運命の力」「オテロ」等の諸役でのヴェルディ歌手としての実績は、世界的な評価を受けている。2011年、キュンヒ大学声楽科教授に就任。2008年富山での、チョン・ミュン・フン指揮「ラ・ボエーム」マルチェッロ役で初来日。その後、2016年・藤原歌劇団「ルチア」エンリーコ、2018年・同「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロール等、日本での出演も増えている。比類なきキャリアと圧倒的な歌唱で、韓国ナンバーワン・バリトンとして活躍している。

チケットの購入

前売:SS席:10,000円  S席: 8,500円  A席: 6,500円  B席: 5,500円

当日:SS席:10,000円  S席: 9,000円  A席: 7,000円  B席: 6,000円 (税込)

全席指定

 振替公演につきましては2020年8月3日(月)の実施を予定しております。お手持ちのチケットは振替公演時も引き続き有効となりますので、そのまま保管していただきます様、お願い申し上げます。
また、チケットの払い戻しをご希望のお客様につきましては、全額払い戻しの対応をさせていただきます。(払い戻し方法につきましては、別途ご案内いたしますので今しばらくお待ちください。)
 
 また、8月3日向けの新たなチケットの販売開始時期につきましても、決定次第お知らせ致します。

クラウドファンディング

本公演の実施にかかる費用の一部について、ご支援くださる方をクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」内で募集しております。
 1,000円/1口の応援プラン 〜 限定10名 50,000円の特別プランまで。詳細は支援者募集ページを御覧ください。
 遠方にお住まいの方など、当日ご来場いただくのが難しい方にも、音源、映像でこの音楽をお楽しみいただけるプランもご用意いたしました。資金援助ももちろんのこと、皆様の応援が我々の励みとなります。この取組みへのたくさんの方の応援をお待ちしております。

 公演延期に伴いこれまで本プロジェクトは一旦終了しご返金させていただく予定です。手続きに付きましては、別途ご案内致します。
 延期開催の実現に伴いかかる経費により、予算規模がさらに大きくなっており、改めて支援募集プログラムを開始する予定です。開始の際に改めてご支援いただけますと幸いです。